ロト7の癖とは

ロト7の癖(クセ)とは何か?を解説しているページです。


数字選択式宝くじ「ロト7」(ロトセブン)の癖とは、前回と同じ数字が出たり、前々回と同じ数字が出たり、前回の前後の数字(前回が16なら、15や17)が出たりすることなどです。

この他にも、前回のボーナス数字が出たり、同一周期で同じ数字が出たりするなど、色々な癖があります。

以下の表は第245回〜264回の抽選結果を色を付けて整理した過去20回の出目表です。

ロト7癖

これらの癖は、「ロト7過去20回の出目表」を眺めることで、なんとなく見えてきます。

色付きの出目表は飽くまで視覚的に予想する方法ですが、出現数字の流れを読むことができるので、何も見ずにテキトーに予想するよりは当たる確率が上がるのではないかと思っています。

また、出目表を使って7つ全部の数字を予想するのではなく、軸となる3つの数字だけ出目表で視覚的に予想し、残りの4つの数字は、「ロト7予想ソフト無料ツール」を使って、選んだ3つの数字との相性をチェックして決めるのもいいかと思います。

私も以前は、出目表だけを使って7つの数字全部を予想していましたが、3つや4つは当たるものの、それ以上は当たらないので、最近では、3つの軸数字だけを出目表を使って視覚的に予想し、残りは、ロト7予想ソフト無料ツールに頼っています。

ただ、出目表+ロト7予想ソフト無料ツールの手法の欠点は、3つの軸数字を外すと、当たる確率が低くなる可能性が高いということです。

なので、5等や6等を狙うのであれば、出目表だけを使って出現数字の流れを読み、癖を見つけて予想するほうがいいかもしれません。


LOTO7研究「ロト77」へ戻る