FX情報BLOG

FXのノウハウ,動画,ツール,アプリ,ソフトなど最新情報を紹介するブログです。

いのん氏の「Inon_Scalping_Master」はMT4用のスキャルピングEA

Written by fx / 29 08 2019 / コメントなし

いのん氏の「Inon_Scalping_Master」は、相場にポジションを保有しておくことをできる限り少なくし、市場の荒波を極力受けない、MetaTrader 4(MT4)用の自動売買ソフトです。

市場には非定期的に突然起きる市場の混乱があり、直近で言えば、スイスショックやギリシャ破綻問題など、あげればきりがありませんが、突発的な動きが発生した際にポジションを保有していなければ問題ないものの、自動売買などのシステムトレードでは長期に保有しているものが多く、こういう時には大抵スプレッドも広がって負けてしまうことが多くあります。

しかし、このInon_Scalping_Masterはポジション保有時間を極限まで減らし、市場にポジションを残さないため、突発的な混乱も避けられる仕組みになっています。

特徴的なことは5つあります。

1:ポジション保有数…最大=1ポジション(複数ポジションを持つことが無いので高いレバレッジをかけてトレードを行う事で利益を最大限にする事が可能です)

2:ストップロス=100pips、テイクプロフィット=100pips(上下に100pipsが設定されているため、ポジションを保有して例え外出したとしても不安なくいられることが可能です)

3:最大保有時間=2時間(これは最大の特徴で巷でスキャルピングシステムと言って販売しているのは目標利益が届くまでポジションを保有し続けることで勝率を高めていますが、このシステムにはそんなセコい事は盛り込んでいません。ポジションがプラスであろうがマイナスであろうが エントリーから2時間以内には確実にクローズします。それでもトータル収益をプラスにすることは恐らくこのFX−ONで販売されているEAでは無いと思われます)

4:オープンポジションだけの動作を行っているのでバックテストの精度が高い(これはスキャルピングでのテストはティックによるテストを行っている方が 多いですがこれは正確なデータでは無いので実際のバックテストと運用時の結果に乖離してしまうことが多いのですが、このシステムはオープン値での取引になっていますので、過去のバックテストと実運用で差異が出にくい作りになっています)

5:インジケーターを一切使っていないロウソク足のみの統計でのトレード…根本的にインジケーター等は一切使っていず、1分足、5分足、15分足、30分足を監視しており、1分足とボラティリティが高くなった事を確認してエントリー方向を決め、5分足、15分足、30分足でそのエントリーが正しいかどうかを統計的に判断してエントリーを行います。

Inon_Scalping_Master
プロトレーダーに求められるポジションを長時間保有しない制限を EAに導入したスキャルピングシステム
プロトレーダーに求められるポジションを長時間保有しない制限を EAに導入したスキャルピングシステム | GogoJungle

Comments are closed.